読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Own Life Is Rubbish

主にライブレビューや音楽のことについてのブログです。

[2016.10.20]Primal Scream JAPAN TOUR 2016 新木場 STUDIO COAST

プライマル・スクリームのライブを観に新木場 STUDIO COASTまで行って参りました!いや〜最高だった。外れることはまずないと思ったけど、本当に期待以上に楽しませてもらった。

この世に数ある作品の中で、僕は最も好きなアルバムの1つとして必ず「Screamadelica」を挙げるのだが、今日のライブもMovin' Upで始まり、Come Togetherで終わる「Screamadelica」の重要性・偉大さが顕著に示されたライブだったと思う。しかし、当然彼らは「Screamadelica」以外にも多くの名盤を出しているし、音楽性もガレージ・サウンドからエレクトリック・サウンドまで多岐に渡ることは有名である。(ひょいひょいとやっちちゃうイメージ。)今回のセットリストは最新作からは4曲ほどで後はプライマル・ベストヒッツ!って感じだったので、初めてプライマル・スクリームのライブに参戦した私にとっては丁度良かったとも言える。

今回のライブで意外に思えたのが、メンバー編成がボーカル、ギター、ベース、ドラム、キーボードのシンプルな5人編成で(これまでと違うような気がするな?🤔)、特別な演出なども観た限りはなかったことだ。つまり全てはボビー・ギレスピーのショーマンシップ次第だったのだが、やはりそこは今尚現役バリバリでUKロックの最前線を走り続ける男である。まず赤いジャッケットに身を包んだボビーが登場しただけで場内の雰囲気がグッと上がる。これは当たり前っちゃ当たり前のことなのだが、過去にノエル・ギャラガーのライブを観たときも同じように感じたことがあって、素晴らしいキャリアを持つ人がステージに立つと、絶対良いライブが観られるという安心感っていうのがある。(これをカリスマ性とも言うのかもしれない。)

 

f:id:shonvers_inc:20161021010043j:image

 

それに加えて可愛らしい日本語なども交えたオーディエンスに対しての煽りも上手だし、これまで何度も来日してるおかげで日本での人気もしっかりと根付いているのだなというのがひしひしと伝わってきた。

ライブのハイライトとしてはやはりSwastika Eyesから始まるLoaded→Country Girl→Rocksの流れだろう。特にその中でもLoadedが最高で、曲が始まった瞬間踊りたくなってくるし、マラカスをシャカシャカ振ってるボビーの姿を見るとさらに気持ちが高ぶってきた。プライマルのライブってこんなに楽しいものなのかと。

そして本編の最後でRocksである。先ほども言ったように音楽性が幅広いので、好きな曲というのは人によって大きく異なりそうではあるが、このRocksを嫌いな人はいないでしょう。笑 UKロックを代表するアンセムの1つである。

ほとんど聴きたい曲はやってくれたが、あとやってない曲があるとすれば、もうあれしかない。そう!私が最も好きな曲であるCome Togetherである。私が過去に何時間でもループ再生して聴き続けられると豪語した一曲です。笑 これで楽しい時間も終わっちゃうのかと悲しくなりつつも、何度も何度も『Come together as one〜♪』の部分の大合唱がコーストに響き渡った。

 

f:id:shonvers_inc:20161021013005j:image

 

ほんとにあっという間だったな〜。時間でいうと1時半くらいで少し短かったのか、それともいつもこれくらいなのかは分かりませんが、とりあえず大満足!!ボビー最高!!(シモーヌもカッコ良いベースお姉さんだった!!)

 

P.S. 言い忘れてたけど、オープニングアクトのnisennenmondaiも中々硬派なエクスペリメンタル・ロックでカッコよかったです。もうちょっと楽曲に展開をつけてくれたら分かりやすく盛り上がれるのかって気は少ししたけど、自分たちの世界観を表現するためには30分ほどの持ち時間じゃ足りないのかなという気もした。また機会があれば観てみたい。

[2016.10.15]魅惑の深海パーティー×Homecomings

めちゃくちゃ近場でHomecomingsのライブがあるというので、急遽行ってきた!

魅惑の深海パーティー

f:id:shonvers_inc:20161016021844j:image

 

場所は浜松キルヒヘア。100人も入れないような会場でライブハウスというよりはライブバー。一年半前にも同じイベントがありそのときからの縁で今回も出演に至ったらしい。

 

22時からHomecomingsと同じレーベルの後輩のShe Saidが登場。ホムカミと同じく英詞を歌いUSインディーの影響を感じさせるサウンドであるが、よりオルタナ・グランジ感があって、音源を聴いてみると素直にかっこいいなという感想を持ってライブに臨んだ。がしかし、実際のライブはというとまだ硬さがあって、学生バンドの域を出ていなかったかなという印象。これからどう才能が開花していくか注目してゆきたい。

 

23時を回ってHomecomingsが登場。メインアクトが登場すると会場が満員に近い状態になり、そしてかなり出演者とオーディエンスの距離が近い。いざ始まると、やはりフジロックを始め、日本全国のフェスやライブハウスを経験しているだけあって、先ほどと比べると技術も上だし、なんといっても場慣れしているので堂々と演奏していた。既にプロとしてのキャリアを歩み始めているのだなという感じ。

フジロックで彼らをみたときは、正直まだ会場を支配するほどの存在感はないかなという感じで十分に満足できない場面もあったが、今日見る感じではやはり彼らがメインアクトだったし、ホムカミの根幹をなす福富さんの軽快なギターをじっくりと聴くことができたので大満足だった。小さなハコでは彼らは既に無敵状態であると思った。となると、やはり音源で十分に評価を得た現段階での、次のステップはライブアクトとしての成長かな。(めっちゃ上から目線w)

今日は小さなハコならではの客との掛け合いなんてのもあり、Homecomingsの仲の良さ、そして人の良さが伝わる場面もちらほら。たまには小さな会場で見るライブもいいもんだなと。

 

f:id:shonvers_inc:20161016022134j:image

 

フジロックでHomecomingsをみたときはこれからに期待がかかる新人という感じで見ていたのに、今日はタイムテーブルの並びのせいもあってホムカミ姉さんって感じが凄いした。やはり人っていうのは相対評価で物事を見てしまうんだな〜と思った。今日はフジロックで十分に満足できなかった部分を補填できたので来てよかった。普段洋楽系のライブばっか行ってるので、ドリンク代込みで3000円はかなり安く感じたw

[2016.8.21]SUMMER SONIC 2016 Day2

サマソニ2日目!!!

 

この日はなんとマーク・ロンソンがサイン会に登場するとのことで、こんな貴重な機会はないと開場開始時間の9:00ちょうどくらいに幕張メッセに到着。

 

初めてのサイン会参加だったので、要領がよく分からずもっと早く行けば良かったのかな?とも思ったが、なんなくサイン会の整理券をもらえることができた!

 

こちらがそのマーク・ロンソン様のサインでこざいます。

 

f:id:shonvers_inc:20160903011554j:image

 

ん〜、素敵☺️ 宝物がまた一つ増えました!

 

今回はJames bayやTwo Door Cinema Clubなんどの人気者もズラッーとサイン会にラインナップされていたので、今回参加したことで今後のサイン会に参加するときの良い基準となるかもしれない。

 

というわけで、ちょいと早起きした2日目でしたが、Sunflower Beanから私のサマソニDay2スタートでございます!

 

  • 11:20〜 Sonic Stage Sunflower Bean

 

前日のSonic Stageが例年と異なって、珍しくメタル・ラウド系で集められていたので、一度も訪れなかったのだが、2日目はいつも通り実にサマソニらしいアクトがラインナップされていて、やっとソニックでライブを観ることに。

やっぱソニックでライブを観ないとサマソニ来た感じかしないw

 

このSunflower Beanもまさしくソニックステージによく似合うアーティストでニューヨークはブルックリンからやってきた3人組のロックバンドである。

 モデルでも活躍してるBa/Voのジュリアを筆頭にメンバー全員おしゃれでカッコイイので、そんな彼らが演奏すると非常に絵になる。

 

これでビジュアルだけが良いバンドで肝心の演奏が微妙だとガッカリしてしまうのだが、、、決してそんなことはなく、みんなしっかりとコンパクトに演奏するし、ドラムのジェイコブも結構技巧派!笑

小さくまとまってるというわけではなく、今後大化けするかもしれないと期待せずにはいられない。

 

ジュリアちゃんも良い意味で演奏中は狂った感じになっていて、演奏をしているときとしていないときのギャップがとても微笑ましかった。

これは去年同じくソニックステージで素晴らしい演奏を見せてくれたWolf Aliceのエリー・ロウゼルと被るかもしれない。

 

7,8曲は演奏してくれたと思うが、持ち時間は約30分と非常に少なく、「え、もう終わってしまったの?」という感じだった。

日本でのライブは今までの中でも最高のライブのひとつだった!と言ってくれた彼らの再来日が今かと待ちきれない。

(来年の1月くらいに来て欲しいな〜)

 

f:id:shonvers_inc:20160903014647j:image

 

The Mirror Trapを最初だけチラ見して、 マウンテンのMØに移動する。

 

  • 12:40〜 Mountain Stage MØ

 

現在EDM界隈から引っ張りだこのデンマーク出身のKaren Marie ØrstedことMØ(ムー)

AviciiやMajor Laser、Diploの曲にボーカルとして参加したり、昨年発表されたMajor LaserのLean Onが大ヒットしてることもあってぜひ今年見なければいけないアーティストの1人だと思っていた。

 

そんな彼女のライブは想像以上に熱くて、めちゃくちゃエモーショナルで、心に訴えかけるように力強い声が届けられる。

個人的にどんなに凄腕のDJがステージ上で曲を流しても、やはり生の歌声・ライブ感には絶対に叶わないなと改めて思った。

 

終盤MØがステージを降りて客席の柵の方までやってきたりして(中盤で見ていたのにすぐそこまで来た!笑)、観客は大盛り上がりのままFinal song→Cold Waterとたたみかけ、最後は当然Lean On!

サビの爆発力はハンパなく、2日目の序盤とは思えないほど、会場は盛り上がりは凄かった!

 

世界中から熱望される歌声に加えて、最高に熱いパフォーマンス!私もMØ姉さんのファンの一人になってしまいました!

(今でもスマホで撮ったLean Onのムービーをほぼ毎日見てる。)

 

 f:id:shonvers_inc:20160903235501j:image

 

MØ終演後、間もなくブロッサムズの出番が始まることに気づく。人が多く、移動に結構時間がかかったが、始まるちょい前にソニックに辿り着く。

 

  • 13:30〜 Sonic Stage Blossoms

 

正統派UKロックの大型新人と言うべきか。Blossomsがサマソニに初登場である。

 

8月の上旬に1stアルバムを出したばっかりではあるが、去年既に来日公演を行っていたり、EPも複数出しているので新人と形容するにはちょっと違和感を感じるが、第一弾で発表されてから必ず見ようと決めていたバンドであった。

 

ジャンルとしてはサイケデリックな曲調が多いのだが、ただ単にサイケというよりは、なんというか清涼感があって爽やかなサイケデリック・ロックである。笑

懐かしい感じもあるのだが、古くささはなくちゃんと現在の時代の音であると感じる。

 

そんな彼らの演奏は前評判通りに非常に上手く、まさに新人離れなのだが、意外とあっさりと進んでいく印象があって、ちょっと期待し過ぎたかな?とも思ったが、徐々に彼らのリズムに引き込まれていく。特にVoのトムがジャケットを脱いで水色のシャツをお披露目した辺りからは完全に彼らが作り出すグルーヴにノリノリになっていた。

ハイライトはやはり彼らの代表曲Blowで、音源の数百倍輝いていた。

 

f:id:shonvers_inc:20160904002726j:image

 

ライブ全体としての印象としては、正直初めてTemplesを見たとき以上の衝撃はなかったのたが、それでも及第点は与えられる内容だったと思う。これからも彼らの行く末を追っていきたい。

 

ライブばかり見てたのと、並んでご飯を買うのが嫌だったので、ここでやっと昼食を取る。(梅しらす丼

あんまりフェスご飯でテンションが上がらないのは都市型フェスだからしょうがないな!

 

ここでTDCCを少しだけでも観に行こうと思ってたが、人が多いと聞いたし、暑いの嫌だし断念。サマソニDay2はけっこう見たいの多くて、Day2を2通りぐらいプランを組めたなとも思う。まあこれがフェスよね😑

 

暑いのは嫌だと言ったが、じっとしているのはもっと嫌なので、人が少なそうで実は割と好きなTricotを観に、私には一生縁はないと思ってたPark Stageを訪れる。

今日みたいなラインナップにTricotを見に行く人は少ないと思っていたが、やはりボーカルのイッキュウさんも「今ここにいる人は相当な音楽好きか、ただのニワカのどっちかでしょうね」などと言って会場を盛り上げる。笑

関西の人特有の言葉選びのセンスや盛り上げかたのうまさってありますよね。

 

f:id:shonvers_inc:20160904005141j:image

 

サイン会の時間があったので、フルで見れなかったが、やっぱりちゃんとした場所でもう一回しっかりと見なきゃなと思いました。

 

個人的にこのパークステージ、そんな環境としては良い場所とは言えないし、当初のように無料に戻したほうが良いのでは?と思います。そっちのほうが端から見ていて盛り上がっていたように感じるし、演者にとってもやりやすいではないかな。

 

などと思いつつ、メッセに戻りサインをもらった後は、ジャクソンズ、James Bay(If you ever want to be in loveだけ聴きたかった。)、今年のサプライズ枠のアッコさん(流石にバックバンドかなりうまくて笑った。あの頃は「ハッ!!!!」)などを後方で見歩いてゆるく楽しんでいた。

 

18:10からマウンテン・ステージでマーク・ロンソンが始まり、当然私もその場にいるのだが、19時にRadioheadを控えるマリンステージの状況が気になりすぎて、折角のマーク・ロンソンが存分に楽しめない始末。(サカナクション時点でマリンがパンパンだったり、見切り席が解放という情報が入っていた。)

 

折角マーク・ロンソンがFeel Rightから始まるキレッキレの最高のファンクセットを披露してるのに、肝心の私がグダグダだったので、涙ながらに早々にマーク・ロンソンを切り上げてマリンへ向かうことに。😭😭😭

泣きたくなるほどかっこよかったぜ!😭😭😭

 

f:id:shonvers_inc:20160904010132j:image

 

マリン・ステージのアリーナには18時50分くらいに入場できて、ちょうど良いくらいに入れたか?とも思ったが、開演が少し押して19時20分ぐらいまで始まらなかった。(あれ、もっとマーク・ロンソン見れた?)

 

2年前くらいの私ならば、普通にイエモンぐらいからレディへ待機して最前近くを確保しようとしたと思うが、もうそこまでの元気はないし、直前に入っても前方ブロック後方ぐらいには余裕で行けるってことが分かってるのでコスパが悪いようにどうしたって感じてしまうな🤔

 

というわけで今年のSUMMER SONICの超ヘッドライナーRadioheadのライブが始まる。

 

 

私にとってRadioheadというのはとてつもなく大きな存在で高校のときに聞く機会がなければ、ここまで音楽にハマることはなかったのではないだろうか。

今までAtoms For Peace、昨年のHCANでのThom Yorkeソロを見たことはあったがRadioheadとしてのトム・ヨークを見たことはこれまでになかった。

正直なことを言ってしまっては、今の音楽の趣味としてはマーク・ロンソンなどのほうが絶対に好きなのだが、それでも頭と身体がRadioheadを見なさいと言って聞かないのである。

過去との決別ではないけれど、Radioheadを見ることでまた一歩先に進めるような気がしていた。(何の一歩だろう?)

 

心がずっと落ち着かないまま、少し不気味なイントロのBurn the WitchからRadioheadのライブがスタートする。

 

f:id:shonvers_inc:20160904032249j:image

 

2016年のRadioheadの始まりを告げたこの曲は一般的には決してライブの一発目に最適な曲調ではないかもしれないが、ことRadioheadのライブに関して言えば最高のオープニング曲だと言えるだろう。

 

AFPのときから照明に対しての並々ならぬこだわりは感じていたが、Radioheadとしてのスタジアムレベルでの照明の凄さには改めて感心させられる。そして音響の良さである。世界一のバンドには世界一のPAがついているものだなと。

 

セットリストはBurn the WitchからFul Stopまで今年発売されたアルバムA Moon Shaped Poolと同じ曲順で進む。

これだけたくさん人がいるのに関わらず、やや観客の反応は薄いかな?と感じていたが、ここで2+2=5が投下されると一気にスタジアムが湧き上がる。

音源は何度も聞いたことがあるが、やはりサビが始まるときのライブ感はすごい。

2+2=5での衝撃が冷めやらないまま、なんとその次はAirbagのずしっとしたイントロが流れる。前日の大阪でのセトリも見ていて、2日連続ではやらないと勝手に思い込んでたので予想外で嬉しさのあまり涙がこぼれ落ちそうだった。

Airbagは高校生時代、電車通学していたときによく聞いていた曲で、当時の風景とかを思い出したりするのでヤバい…(今日のライブで最もウルっときた瞬間であった。)

 

もうこの時点で放心状態である。

当たり前なのだが、Radioheadのライブは知ってる曲しか流れないのである。しかも昔から何度も聞き込んだ曲ばかり。やっぱりライブの良し悪し以上に思い出っていうのはかなり強い。

Reckonerを挟んで次もなんとNo Surprises!!かなりむき出しのままのイントロに会場は悲鳴にも近い歓声が湧き上がる。

今日のトム・ヨーク拙い日本語や奇声?も織り交ぜたMCでかなりテンションが高かったし、今日は何かが起こるぞ?という感じがスタジアムに漂っていた。つまり、もうこの時点で今日Creepは演奏される感じがヒシヒシと伝わってきた。

 

伝わってきたは伝わってきたのだが、近くにいたアジア系の外人がしきりに「Creep! Creep!」と叫んでいたのは正直レディへのライブを楽しむにあたって非常に邪魔であった。もちろんやってほしい気持ちはわかるが、それは心のうちに秘めていて欲しい。ほんと迷惑。

 

気を取り直して、今回のライブで最も印象的だった一つがThe King Of Limbsの曲がライブで凄まじい変貌を遂げていたことである。高校生のときに初めてTKOLを聞いたときは難解であまり好きになれかったし、現在も良いイメージはなかった。

しかし、私が今日のライブで「凄い!」って最も感じたのは間違いなくBloomやLotus FlowerなどのTKOLの曲で、情報量の多い曲がステージで完成させられていく様は本当に言葉には出来ないほどの衝撃を生むのだ。このために前回のツアーからサポートドラム(from ポーティスヘッド)を招聘しているのも納得である。

 

その後は再びAMSPのIdentikitやThe NumbersやKid Aの曲を中心にライブが進んでいく。

Kid Aの曲はかなり原曲からアレンジがされてるとは感じたが、自分が好きな曲(The National AnthemやEverything in its Right Place)が聞けて嬉しかったかな。 Idiotequeも凄まじかった。

こうして本編は終了。そして多くの人が熱狂したアンコールの部が始まる。

 

その一曲目はなんとLet Down!!!

私が今回のツアーで披露されたと聞いて、Creepの何倍も嬉しかったのがこのLet Downである。私がRadioheadが好きな理由の核として、このLet Downにあるような決してポジティブなことは言ってないのに、なぜか励まされるというか一人ぽつんと立ち尽くしている自分を優しく包み込んでくれるような部分にあると感じている。過去に自分が辛い状況にあるときに何度も聞いて助けられた曲でもある。やってくれて本当に嬉しかった。今回Radioheadを見にサマーソニックに来ていなければ、一生後悔するような選曲であった。

 

その後の衝撃に備えて、場内を落ち着かせるようにPresent TenseとNudeが続き、多くの人が望んでいたであろうCreepが本当に演奏されることになる。

今日はサプライズの選曲がいくつもあったが、やっぱりみんなこの曲が一番聞きたいんだとばかりに、私の人生で一番かもしれないほどの悲鳴と歓声が起こり、皆手を突き上げてCreepを迎え入れる。スタジアムが揺れるってこういうことなんだと身をもって感じた。

 サビの「ガコッ!!ガコッ!!」も聞けた!

 

いくらでもカッコつけて別にCreepは聞かなくていいと言えるけど、やっぱり人生で一回は絶対に聞きたいと思っていた。

でも本当にやって欲しくない気持ちもどこかにはあって、だって自分が好きになったRadioheadはCreepをやってなかったし、別にCreepが聞きたくて今回Radioheadを見に来たわけでもないからである。

なんとも色々な感情が混じるのはやっぱりCreepという曲がこのバンドにとっても観客にとっても、どういう形にしろとてつもなく大きな存在であるからだろう。

 

Creepが終わって間も無く、Bodysnatchersである。バンドにとってもこのCreepの残響を引き払うにはパワーのあるこの曲でということだろう。Creepを乗り越えて、この日最もポジティブに楽しいという気持ちにさせられたのはこの曲のときだった!

 

もうやる曲なんてないだろうと思ったが、この日唯一のThe Bendsからの曲Street Spirit (Fade Out)である。

ポジティブな曲のままで終わらないのはなんともこのバンドらしいと言うべきか。

 

終演後の花火など1ミリも気にならないほど、それほどにRadioheadのライブはすごかった。(前日は花火も重要なファクターだったのに!笑)

 

終わった直後は今日一日色々なライブを見たはずなのに、完全にRadioheadの単独公演が終わった後のような気持ちにさせられて、それ以外考えることができなくなっていた。

 今まで色々なライブを観てきたのは今日のこのライブを観にためかもしれない。とかなり正常な判断ができない状態であった。笑

 

f:id:shonvers_inc:20160904033226j:image

 

セットリストのことについて、サマソニ終了後もTwitterなどでかなり話題になっていたが、やはりあれほどのメガバンドにもなるとそれぞれに各々のRadiohead論があって、それを見たりするのがとてもおもしろかった。

ライブ中はLet DownもCreepもやったので、聞きたい曲全部やってくれてる!!という気がしてたが、冷静に考えてみるとあれもこれもやってない!状態である。私はこれからもRadioheadが来日する度にそのライブに足を運ぶことになるんでしょうね。笑

 

とまあかなりRadioheadの感想がメインになってしまいましたがサマソニDay2のレビューは以上で終わりです。

また来年はどんなアーティストが来てくれるのでしょうか。楽しみで仕方ないですね! 

 

最後に一応1ミリも気にならなかった花火の写真も…笑

 

f:id:shonvers_inc:20160904032347j:image

See You Next Summer !!!

[2016.8.20]SUMMER SONIC 2016 Day1

サマーソニック今年も行ってきました!!

これで大学に在籍中の4年間毎年サマソニに行ったことになりましたね。笑

 

メンツ次第で行くかどうか決めるっていう姿勢は建前だけに、本音はメンツにかかわらずもう行かないと夏を終えられるなくなってる感じはありますw

 

f:id:shonvers_inc:20160828134527j:image

↑今年のマリンゲートはねぶた祭りを意識?笑

 

サマソニは1週間前まで、HCAN+2日目だけ参加予定だったのですが、2daysを優先させるとホステス参加が辛くなることや宿泊先の関係でホステス参加を諦めることになったのです。

 

そこでホステス諦めた心の空白を埋めるためにサマソニ1日目参加しちゃえwってことで急遽参加することになりました!

 

当初はそんな感じなんで、Rat Boyからライブ見られればいいや〜と思ってのですが、思いの外早起きしてしまっので、結局マリンのトップバッターの水曜日のカンパネラから見ることにw

 

  • 11:00〜 Marine Stage 水曜日のカンパネラ

 

彼女のライブを初めて見たのは去年のサマソニのRainbow Stage

まだそのときはOpening Actでの出演だった。

当時もOAながら注目度は高く、朝一番からレインボーに沢山人を集めていたが、その後いくつものTVなどでの露出も増えて、ここ1年で彼女を取り巻く環境は目まぐるしく変わったことだと思う。

そんな水曜日のカンパネラことコムアイがあの広いマリンでどのようなステージを繰り広げるのかとても楽しみだった。

 

開演前までの雨模様もステージが始まる頃には晴れに変わり、私のサマーソニック2016が始まった。

 

コムアイが登場する前に、ステージのモニターには今流行りのPokemon Goのプレイ映像が始まる。もうこの時点で普通のライブが始まるわけがないw

 

無事ゲットしたあとに、映像とリンクさせてモンスターボールの中からトランセルに扮したコムアイが登場!!!(なぜトランセルかは不明)

 

f:id:shonvers_inc:20160828140450j:image

 

こいつ何がしたいんだ?wともう意味分からんけど凄い楽しい。

 

セトリは近作の2枚のアルバムからの選曲が中心だったが、最後はやはり水カンの代表曲・桃太郎!

 

「きっびだ〜ん きびきびだ〜ん ♪」

 

なんと最後の最後には自らバルーンボールに入って客席にダイブ!!!!

言ってる意味が分からないと思うが、写真にするとこんな感じ↓笑

 

f:id:shonvers_inc:20160828141334j:image

 

本当に水曜日のカンパネラのステージは何が起こるか分からない。

毎回楽しませてもらえるのでまた機会があれば見に行きます!!

 

マリンを抜けて、メッセに向かい次はThe Strutsを観に行くことに。

 

  • 12:20〜 Mountain Stage The Struts

 

実はThe Strutsサマソニ出演が決定する前から知っていて、You TubeでPVを見たりして、うーん、あんまり好きじゃないな〜🙄って感じで、特に見たいとも思っていなかったのだけど、他に見たいものもないし、まあ後ろの方で見るか〜ぐらいな感じで見ることに。

グラムロックとかあんまり好きじゃないんですよね。

 

元々Rat Boyから見るつもりだったので、しっかりとThe Strutsのアルバムを聴いたのはサマソニに向かう新幹線の中だった。

アルバムを聴いて思ったのは、好みに関わらず、ライブ次第ではめちゃめちゃ楽しめそうだ!ということ。

実際にそれは現実となった。

 

彼らが登場して思ったのは、まず彼らの格好から伺えるグラムロック愛。

特にボーカルのルークはキラキラの黒いパンツに赤いジャケット。笑

なんだかウドー音楽事務所が招聘しそう感がハンパないw

 

f:id:shonvers_inc:20160828142852j:image

 

ライブを通して感じたのは、The Strutsのメンバー達の人の良さである。オーディエンスを必死に盛り上げようとする姿勢がとても好感的であるし、実際に自分のようにThe Strutsのことをよく知らない人たちが多いような空間でもその努力は届いたように思う。

 

彼らの代表曲Could Have Been Meは今回は初来日なのでなかなかオーディエンス全員でシンガロング起こることはなかったが、今後のプロモーション次第ではそんな光景が日本でも見られるかもしれない。

次はサマソニに戻ってくることがあれば、おそらくマリンステージだろう。

 

The Struts後はそのままマウンテンでその次のRat Boyを待機する。

 

  • 13:20〜 Mountain Stage Rat Boy

 

 サマソニDay1で最も見たかったアクトの一つがこのRat Boyであった。

音楽のジャンルとしてはパンクやヒップホップなど自分たちがやりたい音楽をやるといった形でとりあえず若さと勢いを感じる活きの良い新人である。

 

私は頭は悪いけど音楽偏差値は高め!みたいなUKロックバンド大好きです!

 

今年のUKの新人勢の中で台風の目になるであろう彼らの初来日とあってこれは見逃すわけには行かないと結構前の方を確保。

 

メンバーたちが登場すると全員マスクを被ってる。笑

何かやってくれそうな感じは凄い。

 

一曲目はシングル曲MOVEでスタート。

たぶん私も含めてこの曲のようなビースティボーイズ感溢れる曲を気に入って彼らのライブを見に来た人が多いように感じるのだが、ライブを見ていると以外とパンク系の曲が多い。

そしてパンク系の曲のときにはもっと盛り上がれ!!と言わんばかりにJordan君が客を煽る煽る。

「Jump! Jump! Jump!」ずっと言っていたが、あまりにもオーディエンスの反応が薄いので通訳を呼んでJump!を「ジャンプしてください!」と翻訳させるレベルwww

 

まだマウンテンステージはちょっと大きすぎたかなとも感じたが、本人たちは終始本国イギリスとの盛り上がりの落差に戸惑いを隠せない様子であった。

(お前ら盛り上がれ!というよりは先ほどのThe Strutsのようにもっとお客さんを盛り上げる努力をして欲しかったが…)

 

という感じで、期待してたほどのライブは見せてくれなかったのだが、まだ弱冠20歳の少年たち。

ぜひ次は1stアルバムを引っさげての来日をしてもらって、こちらもサマソニ以上の盛り上がりで迎え入れたいなと思う。

(この手のバンドにありがちなドラック問題などはやめてね。笑)

 

f:id:shonvers_inc:20160901030358j:image

 

このあたりで食事を挟み、デジタリズムを後ろの方でみる。

予習のときは中々硬派なエレクトロミュージックで取っつきづらいなと感じていたのだが、ライブを観ると印象が全然違う。

音源を遥かに凌ぐパフォーマンスで予習をあまりしていなかったことを後悔。。。

 

 

そろそろ外に出るかと私が向かった先は、マリンステージでのWeezerではなく、ガーデンステージのceroである。(Weezerを通ってこずに今まで生きてきたので。)

 

  • 15:40〜 Garden Stage cero

 

昨年ぐらいからずっと見たい見たいと思っていたが、なかなか観られずにいたcero

サマソニに出るとしたら、今のところここのステージぐらいしか思いつかないが、まさか初めてのceroサマソニで見るとはw

 

ceroの演奏中はほとんど雨は降ってなかったが(虹が綺麗に見えるような天気であった。)、先ほどまで降り続けた雨のせいでガーデンステージの地面はぐちゃぐちゃ。フジロック用に買った長靴を今持ってればなというくはい酷いコンディションであった。

 

ライブの方はというと、いきなり彼らの知名度を一気に上げたであろう代表曲Summer Soul。

ニワカなのでいきなりそれやるのかよ〜という気もしたが、これが彼らのフェスモードなのであろう。終始彼らが作り出す心地よいグルーヴに身を委ね続けた40分だった。

 

ceroのメンバーって素朴だけどお洒落ですよね。

 

f:id:shonvers_inc:20160901034751j:image

 

ここからUnderworldまで特に見たいものがなかったので、本当に意味もなくぶらぶら。

 

まったく予習してないファーギーを見に行ったり、雨が降ってきたので、幕張メッセに避難したり、The Chainsmokersをちょっとだけ見るためにビーチステージに行ったり、無駄に動き回った気がする。(結果、2日目ひきづるほどの足の痛みを負うことになる。)

 

とあれよあれまのうちにヘッドライナーのUnderworldですよ。

 

 

第一弾で彼らが発表されたときはヘッドライナーの感じじゃなかった!!!

アンダーワールドがヘッドライナーじゃないなんて、今年のサマソニは豪華だぞ!と思ったものだが、あれよあれまのうちにヘッドライナーに昇格!!!(なんじゃそれw)

 

と初めはヘッドライナーであることに不満を感じたこともあったが、今回のアンダーワールドのやる気が半端なかった。

 

サマソニが始まる10日前ほどに日本入り→北海道観光を楽しむ→コンディションバッチリ。

・ヘッドライナーを自ら志願→やる気バッチリ!

・事前に「サマソニのために特別な演出を考えている」発言

 

フジロックのベックのこともあったので、あまり期待されてないベテランのヘッドライナーは良いライブする説もあったし、やはり今日1番見たかったのは彼らのライブであった。

 

f:id:shonvers_inc:20160901035843j:image

 

ライブは今年発売されたBarbara Barbara〜のI Exhale、If Rahの流れで始まる。

新作は決して個人的に上位に来るようなアルバムではないのだが、意外と耳に残るスルメアルバムでけっこう好きだった。

もう序盤から踊る踊る。決して人は多くなかったのだが、逆に人を気にせずにとても楽しく踊れた。笑

 

間違いなく序盤のハイライトになったのが次の曲Two Months Offで、今回が初めての彼らのライブなのだが、めちゃくちゃアンダーワールドのライブに来た感じがした!笑

サマソニ終わった後でもこの曲が頭をグルグルしてる。

 

ここからは新作はじっくりと聴かせて代表曲で盛り上げるというセットリストで、去年のケミカルと同じように聴かせたい曲と皆が聴きたい曲のバランスを上手くとっていた。

この年代の人たちのライブ功者感は凄いですよね。

 

ライブは終盤に向かって爆発的に盛り上がって行く。Rez / Cowgirlで一際歓声が大きくなるとスダジアムに白いバルーンボールがスタジアム投下される。

 

f:id:shonvers_inc:20160901041427j:image

 

ここまでの演出はまだ見たことあったのだが、ここから先が凄い。

 

なんとこのバルーンボール

光るのだ!!!!(しかもいろんな色になる)

 

f:id:shonvers_inc:20160901041525j:image

 

えっ、それだけ?と思うかもしれないが、曲と合間ってこの演出けっこうテンション上がります。笑

まわりの人たちも「おぉ!!!!」って言ってましたもん。

 

ここまできたら最後はこの曲しかない、

Born Slippy Nuxx !!!!!

 

アンダーワールドの入りはもちろんこの曲だし、やはりあのイントロを聞くと…やばいぜ

 

もう場内のテンションは最高潮である!!!!

 

曲も中盤にくると、ここでなんと花火が打ち上げられる!!!いや〜憎いねこの演出!!!笑

 

アリーナ、バルーンボール!!空、花火!!!耳、Born Slippy!!!

 

もう何がなんだか分からない状況であったが、(バルーンボール思った以上に多かった!笑)サマソニ2日間で最も楽しい瞬間であり、空間であったことは間違いない!!

 

最高かよ!アンダーワールド!!!

 

というわけでサマソニDay1大満足のまま終了。

 

これDay1行かなかったらあとで絶対後悔してだろうな。

ゆるソニを裏目標にしてた1日だったけど、結局じっとしてられないんだよな〜笑

 

Day2に続く

[2016.7.24]FUJI ROCK FESTIVAL 2016 Day3

とうとう最終日になりました。今年は3日間とも雨が降らず、「よーし、初めてのフジロックだから雨具をしっかりと揃えて行くぞ!」と張り切って購入した野鳥の会・長靴、レインポンチョは全く出番がなかったとさ。良いのやら悪いのやらw

 

当初の予定ではホワイトステージのBo Ningenからライブを見始めようとしていたのですが、せっかく自分から誘って、こんな山奥まで来てくれた友人達と全く行動していなかったことに今更気付く。(ライブもほぼ1人で見てたw)

というわけで午前中は友人たちとまだ訪れていなかったフジロックで最も空に近いエリアDay Dreamingにドラゴンドラに乗って行ってくることに。ドラゴンドラに乗車中の風景も素敵だった〜。フジロックの各ステージが望めます。山頂は少し肌寒いものの、解放があって気持ち良い。

 f:id:shonvers_inc:20161125023725j:image

 

ついつい横になりたくなる。

f:id:shonvers_inc:20161125024515j:image

 

だらだらと昼食を買うのに並んでたら、以外とマーキーのDMA'Sの時間が近づいていたので、ここでもやはり1人でドラゴンドラに乗って一足先下山w

 

  • 12:40〜 Red Marquee DMA'S

 

というわけでフジロック最終日は南半球のオアシスとも称されるオーストラリアからDMA'Sです。風貌やファッションを見ると確かにオアシスのフォロワーだなという感じはするが、実際にアルバムを聴いてみると確かにオアシスっぽい曲もあるのだが、それ以上にもっとオアシスを含めた1990年代のUKロック全体からの影響を受けてるんだろうなという印象を受けた。

彼らは普段は3人組であるのだが、ライブだとサポートメンバーを加えて6人編成となる。音楽性を言えば、ギターポップと括るのが1番手っ取り早いのだろうが、時折見せる荒々しさやサイケっぽい曲もやったりして、まだまだ色々と隠し持ってそうである。

演奏も90年のマンチェスターのバンドのように決して下手なわけではなく、さすが6人編成をとっているだけあってそれなりにこだわりがあるのだろう。(ただし、ギター3本もある必要性はそこまで感じなかったw)ライブはというと、代表曲のLay Downのときは一際歓声も大きかったが、基本的に淡々と進めていく感じであまり全体を通して盛り上がっていた印象はない。たぶん3人ともシャイなのであろう。

UKロックの影響を語られる彼らだが、ライブを観てみると意外とオーストラリアっぽさを感じた。私がオーストラリアというものをどれほど理解しているのかという疑問はあるが(当然行ったことはない)、ライブを観終わった後にシドニーの海岸沿いをドライブしているイメージがぼんやりと湧いたのでそういうことだと思う。DMA'Sそれなりに満足しました。

 

f:id:shonvers_inc:20161125035457j:image

 

そしてそして、実はライブが終わった後オアシスエリアでボーカルのトミー君を発見!ナイスギグと伝えて、握手はしてもらったものの写真を撮ってとは言えなかった。そのときの受け答えを見てみると、やっぱりシャイなんだろうなと思ったw

 

軽く昼食をとり、今回のフジロックでは恒例となっていた、グリーンで乾杯!!!🍻 この瞬間が幸せだったー!

f:id:shonvers_inc:20161125035833j:image

 

程よくほろ酔いとなりながら、大好きなStereophonicsの時間が訪れる。

 

 

Stereophonicsは途中ドラマーの脱退などがあっても屈することなく、今に至るまでコンスタントに活動を続け、メロディックで骨太なギターロックを常に届けてくれる愛すべきロックバンドなのだ。そんな彼らをフジロックのグリーンステージという素晴らしい場所で初めて見られるというだけで、なんだかもう嬉しい。The Avalanchesがキャンセルになってしまったのは非常に残念だけど、その分Stereophonicsをフルで心置きなく観られると考えれば、そんなに悪いことではないように思えてくる。

最新アルバムの冒頭曲C’est La Vieからライブは始まりを告げ、円熟味を増しながらも初期の疾走感や自身の持ち味を存分に詰め込んだようなサウンドに既に興奮が止まらない。ライブは過去の曲と最近の曲が入り混じったようなセットリストで進んでいったが、驚くほどに違和感なく聴くことができた。それは彼らがいかに現在もクオリティを落とすことなく作品を生みだしてきたかということだし、今回のライブでそのことを証明する形となっただろう。ステージ前方ではウェールズの旗がひらひらと力強く揺れ続け、オーディエンスも精一杯の愛を持って耳を傾けている。そんな素敵な光景の中に自分も入れたのかと思うとなんだか誇らしい。最後に披露されたDakotaは当然の大シンガロング!いつまでも元気で活動を続けてまた日本に来てね!

 

f:id:shonvers_inc:20170108234930j:image

 

フォニックスが終わった後は、浅井健一SHERBETSKen Yokoyamaなどを見ながら時間を潰す。Hi-STANDARDのStay Goldが演奏されたときは、急に後方から大人たちが前方に猛ダッシュしていってびっくりした。青春の音なんだろうな~と20年という歴史を感じてみたリ。

僕の友人はみんなベビメタちゃんを観に行ってしまいましたが、おそらくひどく混むであろうホワイトに行きたくないし、それよりも観に行くべきものがあるでしょ。と信じて、レッドマーキーへと向かう。

 

  • 17:50〜 Red Marquee Jack Garratt

 

はっきり言って今年のフジロックでの一番の衝撃はこのJack Garrattというイギリスの新人アーティストのライブだった。白いオーバーオールという髭もじゃ牧場農家スタイルでレッドマーキーに登場した彼はシンセサイザー、ドラム、ギター、キーボードなどを全て一人でこなしてしまうのだ。すべて一人でこなすという情報は事前になんとなく入っていたが、ライブを観てその真の意味に気付く。何やらおかしげな彼専用の機材のセットから左手でシンセを操りながら、右手でドラムを叩いたりする。さらには急にブルージーなギターまで披露しだすのだ!笑 サポート・メンバーを用いずになぜそんな面倒くさいことをするのかとも思うが、ライブを観た今となっては、自分を限界に追い込んでこそのあの気迫のあるパフォーマンスに繋がっているのではないかと考えられる。

実際に彼はかなりハイテンションだったし、5万人のスタジアム・コンサートと勘違いしてるのではないかというぐらいに声が上擦った様子でオーディエンスを煽っていた。その煽りに対してもオーディエンスはしっかりと応えていたし、さらにどんどん拍手喝采で盛り上げるから途中から彼は異国の地でのあり得ないほどの歓迎ムードに笑いが止まらなくなるほどであった。Suprise Youselfではサビの部分でマーキー全体が大合唱!こんなの初来日の新人アーティストがやるライブじゃない!あまりの衝撃にしばらく場内の拍手が鳴りやまなかったが、それも納得の素晴らしい、あまりにも出来すぎたライブだった。新たな才能って出てくるもんですね。

 

f:id:shonvers_inc:20170109001121j:image

 

Jack Garrattが終わり、ここからレッチリまで特に何をみるか決めていなかったのだが、そういえばヘブンでライブ観てないことに気づき、通好みのラインナップが揃うことでお馴染みのフィールド・オブ・ヘブンへと足を運ぶ。まだ明るいときにステージを横切ったりはしていたが、暗くなった後のステージの光景がなんとも言えないほどに美しい。長年のフジロッカーに愛されるのもなんとなく分かる気がする。

ヘブンのトリを飾るのはカマシ・ワシントンというジャズ界の未来を担うサックスプレイヤーである。ちょっと渋いし、現在の自分にはまだ早いかなと、ほぼ予習無しで見たライブだったのだが、これがまた素晴らしかった。ステージ上ではカマシ・ワシントンを挟むようにしてステージの右左にドラマーが二人というまさかのツインドラム。他にも、キーボード、トランペットなど、おそらく各々ハイレベルなプレイヤーであろう人たちが集まっていても、一度カマシ・ワシントンがサックスを吹きだせば、主役は彼以外あり得ないなと感じさせてくれる。“フジロックは新たな音楽との出会いを提供してくれる”とどこかのサイトで謳っていたが、最終日のそれももう終わりを迎えようとしているこのタイミングでその意味をようやく理解することができた。ライブが進むにつれ、グリーンのレッチリの時間が迫ってきたが、本当に自分はレッチリに行くべきなのか?と自問せずにはいられないほど、まだこのライブを観ていたい気持ちが強かった。結局途中で切り上げてレッチリを観に行ってしまったが、そのことに関して自分は後悔することとなる。

 

 f:id:shonvers_inc:20170109000848j:image 

 

  • 21:00〜 Green Stage Red Hot Chill Peppers

 

21時に近づくにつれ、グリーンステージは人でパンパンに埋め尽くされ、間違いなく三日間で最も多くの人を集めたことだと思う。それもそのはず、フジロック2016の最終日のヘッドライナーを務めるのはここ日本でも絶大な人気を誇る最強のミクスチャー・ロック・バンドRed Hot Chili Peppersである。彼らとフジロックの付き合いは長く、伝説の第1回、10周年、そして今年の20周年と節目の年では必ずヘッドライナーとしてフジロックに出演している。私はそこまでレッチリのファンではないと言えど、やっぱり一度はレッチリを見てみたい。

f:id:shonvers_inc:20170109000947j:image

 

今ツアー定番だったCan't Stopからのスタートではなく、新作のGoodbye Angelsからスタートしたのは少し肩透かしをくらったような気分だった。序盤にScar Tissueが披露されるも、なんだか凄い落ち着いてる感じ。あれ、レッチリってこんなに大人しいバンドだったけ?という具合だ。スピーカーから出てくる音量もなんだか小さい感じがして、けっこう後ろで見ていたせいかもあるかもしれないが、なかなか乗り切れない感じが続く。Under The Bridgeなど聴けたのは嬉しかったが、熱心なファンではないだけに、私がレッチリに求めるものはこれではないかなというライブだった。そこまで期待値が高かったわけではないけれど、やっぱレッチリ凄いなと思わせて欲しかった。By The Wayまで聴いて、これではフジロック2016終われないと、猛ダッシュでBattlesが始まるホワイトステージへと向かう。

 

  • 22:00〜 White Stage Battles

 

多少遅れると思ったものの、この時間のグリーン~ホワイト間は移動しやすく、ここぞとばかりにフェスダッシュを発動したら奇跡的に間に合った!

昨年の来日公演の評判がとても良くて、フジロック出演が決まったときはぜひ観ようと決めていたバンドだ。アルバムも凄いが、そのアルバムも全てはこのライブのためにあると思わせてくれるほど、凄まじいライブ・パフォーマンスを見せてくれた。

両脇のギターのイアンとベースのデイヴはせわしなく機材をいじったりして、忙しくしているが、そうして作られるステージ上の音楽はまるで生き物のように息吹が吹き込まれていく。その過程を一から見せることで、曲のピークに辿り着くときの高揚感を一緒にオーディエンスも体験していくのだ。その舵を取っているのは間違いなく、ど真ん中で一際存在感を放つジョンのドラムで、彼が高くそびえるシンバルを力いっぱい叩く度に汗とともにアドレナリンが出まくっていた!笑

代表曲のAtlasではもう場内お祭り騒ぎという状態で、私自身ももう体力は限界に近づき、視界もぼやけてくるほどだったが、身体はまだまだ音楽に乗せられて動いていくのが不思議だった。場内は最後に思いっきり楽しみたい人たちで溢れていて、私もそんな空間で最後まで精一杯楽しんだ!明日はもう学校に行かなければいけないという現実がたまらなく嫌になるほど最高のライブだった。

 

f:id:shonvers_inc:20170109001015j:image

 

Jack Garrattのほうが衝撃度では勝るが、最後の最後に現実離れしたライブを見せてくれたバトルスを三日目のベストアクトにしたいと思う。

 

いや~、初参戦ながら、三日間参加できて本当に楽しかった。当初は金土か土日の二日間で行こうかなとも考えたけど、今となってはどの曜日も行かなければ後悔しただろうな〜というぐらいに素晴らしいライブばっかりだった。あと一人では敷居の高さや費用面でフジロックに来られなかったかもなと考えると、やはりこうして一緒にフェスに行ってくれる友人は大切にしなければと思います。来年以降もぜひまたここに帰ってきたいお思うし、キャンプ面でもさらなる向上ができるといいな。笑

最後に、Fuji Rock Festival 2016最高でした!!!

 

f:id:shonvers_inc:20170109001051j:image

 

[2016.7.23]FUJI ROCK FESTIVAL 2016 Day2

フジロック2日目。昨日あんなに夜遅くまでライブを観てたのに、幸か不幸か朝イチから観たいアクトがあったので無理やり身体を起こして身支度を整える。(というか朝の日差しでテントの中がめちゃくちゃ暑くなるから嫌でも起きる。)

キャンプサイトに隣接してるレッドゲートから入場。途中でトルコ風アイスを売ってるお店が目に入ってついつい買ってしまう。 

f:id:shonvers_inc:20161006013057j:image

 

  • 10:20〜 Red Marquee Homecomings

 

というわけで私が2日目のトップバッターに選んだのは京都発逆紅一点ギターポップバンドHomecomingsである。今年発売された傑作の2ndアルバム『SALE OF BROKEN DREAMS』(アルバムのアートワークも強く印象に残ってる)を引っさげてのフジロック出演だ。

アルバムのリード曲であるDON'T WORRY BOYSからライブは始まり、前日の疲れや睡眠不足を吹き飛ばしてくれるようなこれまた午前中にぴったりな心地よいギターポップがマーキーを包み込む。これで完全に彼女らの流れでライブが進むと思いきや、個人的には中々乗り切れずれずにいた。うーむ、Homecomingsライブは微妙かなと思いかけたところで2ndアルバムからBUTTERSANDが披露され、ここでやっと自分のイメージと合致し始め、だんだんと心地良くなってきた。一際歓声が上がったのがやはりその次に演ったHURTSで、私にとっても、その場にいた多くの人にとってもHomecomingsの存在を知らしめた一曲であろう。どこまでも清々しくて、そして少し切なさを含む、そんな彼女らの楽曲の世界観は十分に伝わってきたけど、ライブ全体の感想としてはまだまだ余力を残しているなという印象。しかしまた観たいという気持ちも同時に湧いてきて、次はぜひとも100%満足させてもらいたいなと思う。

 

f:id:shonvers_inc:20161009013927j:image

 

Homecomingsが終わった後は、グリーンステージにて友人からぜひこれは観てくれと頼まれたWANIMAをオアシスで買ったカレーを食べながら観る。ワンチャンワンチャン言ってる気色悪いメロコアバンドぐらいなイメージしかなかったが、ライブを観て色々と納得。一見テキトーに見えるMC(たぶん本当にテキトーだけどw)で自分たちのペースを作りつつ、一旦演奏が始まるとそのテキトーなMCとのあまりのギャップにビックリしてしまうが、非常に心を揺さぶるエモーショナルな演奏を展開するのだ。今のWANIMAなら日本中どこでもホームにしてしまうだろうなと予想するのは簡単である。人気がある理由も分かった気がした。かといって次また観るかと言われたら観ないけどw

 

f:id:shonvers_inc:20161009020048j:image

 

 

  • 13:10〜 White Stage Vant

 

次に私が観にきたのはアルバムデビュー前のまだシングル数曲しか発表していないVantというUKガレージロックバンドである。今年はフジロックを見ても、サマソニを見てもギターロックをやるバンドがほとんどいない状況だったので、なんやかんやガレージロックが好きな私は、直前の発表ではあったが迷うことなく彼らの初来日の勇姿を見届けることに。

先ほども言ったようにアルバム未発売の新人なので、序盤は全くの初見という曲が続く状況であったが、その割には退屈することは一切なく、むしろ非常にタイトな演奏を見せつけ、ポテンシャルの高さを示した格好だ。こうなってくるとそのうち発表されるだろう1stアルバムに否が応でも期待がかかってしまう。とはいっても盛り上がるのはやはり発表済の既存曲で、かなりの疾走感があるParasiteが始まると一気に会場のテンションがもう一段階上がった。(ちなみにThe LibertinesでいうとMaydayを連想させるような曲。)そこからさらにラストに向けてシングル曲の連打で前方ではいつの間にやらモッシュピットが出来上がり、砂埃が舞い上がるほどに!笑 初々しさはもちろんあるのだが、とても初来日の新人バンドとは思えないパフォーマンスを終始見せてくれたと思う。ぜひとも早いうちにアルバムを完成させてまた日本に戻って来て欲しい!

 

f:id:shonvers_inc:20161009022544j:image

 

 

その後またレッドマーキーに戻って来て、大森靖子を見る。リハーサルのときから登場していたのだが、いきなりバンプ天体観測を演奏し始める謎展開www このときからすでに普通のライブにはならないだろうなという予感はしていたが、パフォーマンスについては圧巻の一言。まるで演説のような「さようなら」からライブが始まり、J-Popと邦ロックの要素に彼女の独特な世界観がふんだんに付け加えられた楽曲群が次々と展開されていく。生まれながらの表現者とは彼女のことを言うのかと大森靖子は身振り手振り・表情・声の抑揚、使えるものをすべてフルに使ってステージ上で表現しているのだ。まさかここまで自分が彼女のライブに引き込まれるとは思っていなかったが、TRAVISを観に行くために途中で抜けることを忘れるくらいステージに集中していた。友人に肩を叩かれ、そう言えばそうだったと思い出し、結局途中で抜けるも、正直最後まで見てれば良かったなと少し後悔。大森靖子凄まじいアーティストだった。(しかし次の日少し話したお姉さん方には大森靖子は苦手って言われたw)

 

f:id:shonvers_inc:20161011002825j:image

 

ということでTRAVISを観にグリーンステージにやってきたのだが、ここで今年のフジロックでの1番の大失態を起こすw

初めてのフジロック参戦なので、フジロックTRAVISを観られるなんてめっちゃフジロックっぽいやん〜とかなり楽しみにしていたのだ。それに加え今日はVo.フランの誕生日で客席にダイブしたフランがお客さんに祝われるというなんともピースフルなサプライズも起こる。こんな大自然に囲まれながらTRAVISを聴けるなんてほんとフジロック来てよかったよ〜なんて思ってると、あれまあれまと視界がぼやけ始め、妙に気持ちよくなって、気づいたときにはなんとFall asleep。TRAVISの演奏の大部分を寝過ごす格好に!!!起きたときには最後の一曲、UKロックを代表するアンセム「Why Does It Always Rain on Me?」。この曲のときだけでも起きられたことで良しとするしかないか。。。最高に気持ち良い時間でした😭

 

  • 17:20〜 Green Stage Wilco

 

本日は早くもトリ前という時間になったが、ここでアメリカン・オルタナティブ・ロックの至宝ウィルコがグリーンステージに登場である。といっても私はウィルコについての知識を全く持っておらず、タイムテーブルが発表されたから予習をちょっとしたという具合。(ベックの前座くらいに思ってたw)しかし、その予習のときに聞いた『sky blue sky』というアルバムがめちゃくちゃカッコよくて、今現在ビートルズが存在していならば、こんなアルバムを作ったんじゃないかと勝手に現代版ビートルズの称号を与えたほどだ。といっても最近のライブではこのアルバムの曲はほとんどやらないらしい、あれれ。

しれっとメンバーが登場して歓声が湧き上がるが、フロントマンがかなり大きいお腹をしてるせいもあるのか、かなり緩い雰囲気。しかしいざ演奏が始まるとやはりプロ中のプロである。かなり凄そうに見えるテクニックも飄々とこなしてしまう。アメリカ的なフォークサウンドにオルタナの感覚が組み合わさったウィルコの世界観は派手さはないけど、めちゃくちゃ尖っていて唯一無二であると感じた。もっと十分に予習をして、彼らの楽曲との距離を詰めてライブに臨めば良かったと後悔するばかりだが、それにしても最後に演奏されたImpospible Germanyはあまりにも美しかった。

 

f:id:shonvers_inc:20161030004231j:image

 

  • 19:30〜 Green Stage Beck

 

そしてとうとうヘッドライナーBeckである!私が重い腰を上げてフジロックに初参戦したのは他でもないこのBeckを見るためである。本当にBeck大好き!なにもかもがかっこいい。めっちゃ好き!本来のタイムテーブルからすると1つ前のスロットであるこの時間帯に登場するのはBeckが新幹線で東京に帰りたいからで、そんなところもBeckらしい。(でも結局間に合わなかったみたいw)

欧米の主要フェスを見てるとBeckがヘッドラインを飾ることはほとんどなくて、2016年のフェスって考えるとBeckは少し弱いのかな?とも思ったりしたが、いざライブを観てみると、そんな心配は全くの杞憂に終わった。

 

Devil's HaircutのヘビーなギターリフからBeckのライブの始まりが告げられる。Beckを語る上で外せない名盤『Odelay』の一曲目の曲でもある。今年のフジロックも20周年目であるが、ということはつまりこの『Odelay』も20周年なのである。続いてGueroからBlack Tambourine、3曲目は既にLoserが苗場に投下される。当然「I'm loser baby , so why don't you kill me ? 〜〜♪」と大合唱が起こる。このloserを初めて聞いて以来私はずっとBeckのファンなのだ。

冒頭の三曲目を始め、序盤はこれぞベック!と言うような「最もイメージが強いベック」といった選曲が続いた。私がBeckを掘り下げるために初めて借りたアルバムが『Mellow Gold』、『Odelay』、『Guero』だったので自身とベックの歴史を辿っていくようなセットリストで少し感慨深いものがあった。もう完全に心を鷲掴み状態である。

 

f:id:shonvers_inc:20161030014209j:image

 

なんといってもハイライトは中盤のアコースティックセクションである。先ほど述べた「最もイメージが強いベック」とは違うベックの側面が十二分に披露された素敵な時間だった。ベックをよく知らない私の友人があんま盛り上がってなかったと的外れな感想を述べた以外は多くの人にとってもハイライトとなった場面であったようだ。『Sea Change』と『Morning Phase』の曲を交互に繋いで、Beckのアーティストとしての長いキャリアをも感じさせる構成で、特にBlue Moonが流れている瞬間が最高で、サビの部分の光が扇状に広がるような解放感がたまらなく最高だった。いやぁ、この曲をこの大自然の中聴ける喜びよ。

アコースティックセクションで清められた後はもう一度、アゲアゲのフェスモードに持っていく。昨年の個人的No.1シングル、ベック節満載のファンク・ポップ Dreamsでベックの最新モードを体感させてくれた。話題の新曲Wowが初披露されるサプライズ…なんてのはなかったが、Girl→Sexx Laws→E-Proで最高のテンションのまま本編が終わる。もう大満足だけど、あの曲を聴かないと帰れないぞと。

ステージに再び現れたときは衣装チェンジで黒から白にチェンジ!エンターテイメントを分かっている。細かいことであるが、こういうことを気遣いができるのが他の汗臭いロックスターとは一線を画すのだ。

 

f:id:shonvers_inc:20161030023047j:image

 

アンコール一曲目でまさかのDebraという予想をしづらい選曲でまたもBeckにやられたという感じ。そして待ってましたとついにWhere It's At!とうとう楽しい時間も終わりである。「最も面白い場所」という意味の通りに最高のショーの最後を締めくくるのに最適な曲であるに違いない。途中でメンバー紹介を兼ねて、デヴィッド・ボウイやプリンスのカバーを披露し、ベックなりの追悼の気持ちを示していた。最後に再びWhere It's Atに戻り、フジロック20周年にふさわしい大円団を迎えた!最高だった!ベック!

セットリストを振り返れば、一見キャリアを総括するベストヒット的な内容ではあるが、ただ単にヒット曲を演奏するというわけではなくて、魅せ方がやっぱり上手いし、自分がどう見られているのか、そしてどう見せたいのがBeckほどになるとちゃんと整理されているのだと思う。最高のエンターテイメントショーだった!ベック優勝!!!

今年中に発表されると噂されているアルバムも楽しみだし、今度は7年も間を空けずに、またすぐ来日して欲しい!

 

f:id:shonvers_inc:20161030025123j:image

 

もうベックで大満足し過ぎて、その後観る予定だったグレン・ミラー・オーケストラも見ずに会場を後にした。ベックも最高だったが、その後に入った苗場温泉もまた最高だった♨️

[2016.7.22]FUJI ROCK FESTIVAL 2016 前夜祭~Day1

とうとう念願だったフジロックに行ってきたよーーー!!!

 大学に入ってからサマソニには毎年行っていたもののフジロックはテスト期間中であったり、距離的な問題であったり、準備が大変であったりと、なかなか参加する機会が得られずにいたのですが、大学最後の年にようやく苗場の地に足を踏み入れることができました!

 

なんやかんや出発が遅れ、前日の7/21(木)の18時頃に場内に到着。

キャンプサイトに辿り着くと、

「良い場所が全部埋まっている……」

という状態。

 なんとなく予想はしてたけど、やっぱりキャンプサイトゲートオープンと同時に入らないと近場の良い場所は埋まってしまうよねー。

というわけでかなり上の方の見晴らしがまあまあ良さげな平たい場所に落ち着く。

 

f:id:shonvers_inc:20160731002125j:image

 

まあ遠いということは、人通りが少ないという意味では良かったのかもしれない。

 初フジロック初キャンプということでかなりテント設営に苦しみ、外はもう暗くなり、フジロックの始まりを告げる花火をキャンプサイトから眺めることに。

 

f:id:shonvers_inc:20160731002458j:image

 

その後、少しだけ入場門をくぐり軽く夜ご飯を食べたりしたが、明日に備えるために早めにテントに戻り、友人たちと軽く乾杯してフジロック前夜を終えた。

来年はお昼には到着して、前夜祭をフルに楽しみたいですな〜😭

 というわけで、フジロック2016 Day1スタートです!!!!!!

 

f:id:shonvers_inc:20160731003056j:image

 

いやぁ〜このゲートをくぐることをどれだけ楽しみにしてたか、、、😭

 見たいアクトは11:30で、グリーンの場所確保したいわけでもないのに、意味もなく浮き足立ってゲートオープンの9時に入場w

 本当にすることがなかったので、会場をぐるっと一周し(奥のCafe de Parisまで行ったw)、会場の全体図を大まかに把握。

今思えば、周りに人がいない写真は朝一に行かないと撮れなかったかもしれないw

 

 f:id:shonvers_inc:20160731004007j:image

 

↓3日目

f:id:shonvers_inc:20160731003633j:image

 

サマソニのような都市型フェスと違って、本当に会場全体がフジロックのためだけに作られているような感じがして歩いてるだけでも楽しい。

 

ライブが始まる前からテンション高めであったが、そんな私が来るフジロック3日間のトップバッターに選んだのは……

 

  • 11:30 〜 Red Marquee Lucky Tapes

 

ラッキー・テープス!!!!

正直フジロック出演の発表をされたから知ったアクトなのだが、3人組ながらライブではサポートメンバーも含め10人編成であるという情報とタイコクラブなどでのライブの評判から今回自身がフジロックでみる予定の邦楽アーティストの中では最も楽しみにしていたアクトであった。ジャンルとしては最近流行りのシティ・ポップに分類されるのであろうが、流行に後押しされる必要がないくらいに、楽曲のクオリティは高いように感じる。

余裕を持って来たので、超ニワカながらも右側最前を確保w 私の初フジロック、長いようで短かった3日間がスタートした!

 

3人のフロントマンが先頭に同列に並び、すぐさま朝一番に聞きたくなるような心地よい音楽が聞こえてくる。総勢10人もステージにいるのでそこまで大きくないこのステージが余計に小さく見えるが、それが一人も無駄なく有機的に絡みあう様は見ていてとても気持ち良い。演奏が始まると開演前にはポツポツとしかいなかった後方にもたくさん人がいるように見受けられ、中盤のTouchが始まる頃にはもう完全に彼らがレッドマーキーを支配してアットホームな優しい空間を作り出していた。

それにしてもこのLucky Tapesはサポートメンバーが確実にサポート以上の活躍を見せていて、ホーン隊の一人がロボットダンスでオーディエンスを盛り上げたり、レイディ・ブルースではコーラスの女性客が主役を奪うほどに目立っていた。これからの彼らの方針がどうなるか分からないが、この先もこの形態でぜひライブを見せて欲しいと思う。

最後は出したばかりの2ndアルバムのTonightできっちりと締める。トップバッターとしての役割をしっかりと果たしたに違いない。今回のライブで完全にファンになってしまったので近いうちにまたライブが観られたらなと思う。

 

f:id:shonvers_inc:20160808030256j:image 

 

 

 

続いてみたのは 本国ではフェスでヘッドライナーを努めるほどのビッグバンドであるビッフィ・クライロを見る。タイムテーブルが発表されてまさかの位置に驚きが隠せなかったが、後ろの方に来ても必ず他に見たいものと被っていたはずなのでこれで良かったのかもしれない。

2年前にもフジロックに出演していてその時の評判がすこぶる良かったのでぜひとも見たいバンドの1つだった。音楽性はダウンロード・フェスにも出るくらいなので激しめな曲も多いのだが、意外と技巧派でクセになる曲けっこう多い。イメージで言うと、ライブの評判がよく3ピースバンドなのでMuseと近いのかもしれないが、なんというかMuseよりも曲を聞いて拳を突き上げたくなる曲が多いかな!笑

ということでライブレビュー。

オープニングはもちろんニューアルバムのオープニングでもあるWolves of Winterである。これはかなりYou Tubeで予習してたので「We are the Wolves !!!!!」思い切り叫ぶ!一曲目から相当でかい一発をくらってような気分である。完全に出演してる時間帯が間違っている。笑

序盤はライブ鉄板の楽曲がずらっと並び、Black Chandelier(すごい好きな曲)までは激しさだけではないビッフィの楽曲の魅力をしっかりと披露していたが、やはりここはライブの現場。次のBubblesでまだまだ暴れたりない人たちを中心にサークルモッシュが起こり始める。ちなみに友人はこのときにサークルの後ろでドヤ顔でエアギターを披露していたらしい。笑

終盤に向かって彼らを一気にスターダムに押し上げた代表曲The Captain、The Mountainを続けて投下する。特にThe Mountainでは周りも待っていましたと言わんばかりに大合唱が起こる。これによって少しでも日本人のファンの愛が彼らに届いてると嬉しい。

1つ前に見たアクトとは方向性が180度違うが、こちらも大満足のままライブを見終えることができた。ただ後悔したことが1つあってAnimal Styleのラストサビ前の「my head's a fucking carnival」を要求されるとは思ってなくて自信を持って大きな声で応えることできなかったことである。また来日してリベンジさせてくれ〜😭

 

f:id:shonvers_inc:20160915175629j:image

 

  • 14:40〜 Green Stage Jake Bugg

 

彼のライブを見るのは前回のツアー以来なので2年ぶりとなる。年齢も一個上と近く、以前ミーグリで写真を撮ってもらったことなどもありかなり親近感を抱いてるので前方2列目ぐらいを確保してジェイク先輩のライブを待つ。

いざ登場しても相変わらずステージ上の彼はクールである。序盤はジャケットを着ていたが、途中からいつも通りの黒Tシャツ×黒パンツスタイルになったw

ライブの構成は今まで出した3枚のアルバムから満遍なく披露されていて、従来の曲は曲によってけっこうアレンジが効いていて、ミドルテンポになったり柔らかい曲調になってたりして、この広い緑が広がるステージにマッチしていたと思う。ジェイク先輩いつの間にやらこんなにメインステージが似合う男なったのだろう☺️ 前回見たときよりは多少MCが増えたような気もした。(それでもかなり口数は少ないけどw)

ライブのハイライトは3rdアルバムで新たな一面を見せてくれた一曲でもあるGimme the Loveである。まさかジェイクがダンスナンバーを書くとは思わなかったが、こういった曲がセットリストに入ることでライブの展開も面白くなっていくに違いない。個人的には本格的ラップに挑戦したAin't No Rhymeも聴いてみたかったが。

せっかく前のほうで見ていたけど、途中からなんでこんな前にいるのだろう?と思うほど前方で見る必要性は感じず後方でまったり聴ききたくなったが、2年ぶりの見たライブはしっかりと2年分の成長を見せてくれたと思う。

 

f:id:shonvers_inc:20160916014232j:image

 

ジェイクのライブが終わり、グリーンからレッドマーキーにコートニー・バーネットを見に行く人がたくさんいて、当初自分もその予定だったが、その後に見るthe internetをフルでしっかりと見たいという思いがあったので、踵を返してホワイトの方へ向かうことに。それにしても後から聞いた友人たちがコートニー・バーネットを大絶賛していたのを見てやはり少しでも見ておけばと後悔…まあ、これがフェスってやつですよね。

 

  • 16:30〜 White Stage the internet

 

 というわけで、そろそろ1日目の中盤あたりにでも差し掛かりそうな頃合いになるころにホワイトステージにthe internetが登場。

自分の周りを見渡すと今日イチバンにおしゃれな人たちや外国人グループといった観客が多かったような気がした。

そんな彼らの音楽は音源だけを聴くと、ひんやりとした冷たい感触と少し大人しめで知的な印象ばかりが先行していたのだが、ライブを見ると一変、バンドサウンドに厚みが増してフィジカルに訴えかけるような演奏で序盤からホワイトステージは熱気に包まれていた。またこんなにドラマチックに楽曲を魅せてくれるのかと感心させられた。それにしてもフロントウーマンのシド・ザ・キッドかっこよすぎでしょ。笑

途中で機材トラブルという不運もあったが、その間に流行りのポケモンの話題で盛り上げたり(そもそもKey.ジャミールがポケモンGOにハマっていて、ピカチュウTシャツを着てたw)、写真撮影したりなどして、そういった空き時間にも変な間を作らずに観客を盛り下げないのは若いながらも場慣れしてるというか、これはライブのパフォーマンスにも繋がるの話なのだが、黒人が生まれ持ち合わせた感性なのかもしれないなと思った。

個人的ハイライトはライブの最後を飾ったGabbyで曲前に少しコール&レスポンスの確認を行った成果もあり非常に盛り上がった瞬間で、やはりライブは観客と作り上げるものだなと改めて感じた。the internet恐るべし。終わった瞬間「本日のベストアクトだ!!」と思わされるほど素晴らしいパフォーマンスだった。

 

f:id:shonvers_inc:20161003031342j:image

 

the internet終わりに友人と合流し、フジロック最奥地のオレンジカフェで晩御飯。ご飯に並んでたりすると意外と時間はあっという間に過ぎるし、少しだけでも観に行こうかなと思っていたJames Blakeもこの時点で諦める。

 

  • 20:00〜 White Stage Flight Facilities

 

すっかり外も暗くなり、いよいよそれぞれのステージのトリ前という段階になってきて本日最も楽しみしていたアクトの1つであるFlight Facilitiesがコックピットを意識したステージセットに機内アナウンス?とともに登場である。

まずそのステージセットの格好良さに既にワクワクが止まらないのだが、Sunshineのイントロが始まりゲストボーカルは原曲通りのReggie Watts!なんてことにはならなかったが、小気味良いおじさん(←失礼)が登場し序盤からディスコな雰囲気を作り出す。どうやらゲストボーカルは男女1人ずつ招いて曲ごとに振り分けるらしい。特に女性ボーカルの子が非常に可愛らしくて(そして歌が響く)、陽気なおじさんとのバランスが上手く取れていたかな?笑

後ろのシガー・ロスの時間を気にしながらのライブではあったが、少しオトナな感じのエレクトロミュージックで終始楽しく踊れたかな。

最も印象深かったのはDown To Earthという曲で最早宇宙飛行士にまでなってしまったのたが、地球をバックにフジロックDay1ベストダンスタイムだった。

そしてアルバムの曲順通りに続いて彼らの代表曲Crave youが投下され会場から一際大きい歓声が起こる。残念ながら私はこの曲が終わるころにグリーンステージの方に足を運んでしまったのだが、Daft Punkが中々見られそうにないこの現状に、見られそうなこのFlight Facilitiesにエレクトロ・ミュージックの未来を預けてみたくないか?と訴えかけたくなるようライブだった。最高。

 

f:id:shonvers_inc:20161003032411j:image

f:id:shonvers_inc:20161003032444j:image

 

 

スタート10分前くらいホワイトから移動してきて、グリーンに到着したと同時にライブがスタート。彼らのような世界観のアクトは途中からじゃなく最初から最後までしっかりと見たいと思ったのでかなり急いだ。

自分にとってこれが初めてのシガーロスで、もちろん以前から知っていたけど、英語で歌わないし、弓で弾くし、とっつきにくい音楽性であったのでこれまで聞かずじまいだった。発表当初はDisclousureを専念して見ようと思っていたけど、聞いていくうちにシガーロスをフジで観られるの最高なんじゃね?と思い始め彼らを見ることに。

最初は新曲のÓveðurから始まったが、メンバーは柵のようなものの後ろにいてよく見えないままである。せっかくライブを観に来たのに姿がなんだか見づらいなとモヤモヤしていたのだが、3曲目のSæglópurから柵が取り除かれると、それまでのフラストレーションこそが完全な演出であることに気づかされる。一気に音と光が膨らみ彼らの世界観が観客により鮮明に届けられる。その息を飲むほど美しい世界にただただ見惚れるばかりであった。もともとシガーロスの楽曲はカタルシス性の強い楽曲が多く、この演出も彼ららしいと言えば彼ららしい。

演出もさることながら、もちろんヨンシーの妖精の様な歌声に、さらには信じらないほど長いロングブレスに歓声が湧き上がる場面もあった。ドラマーのオーリーのプレイは終盤に向けて激しくなるばかりで、彼らが作り出す轟音の世界をより際立たせていた。サポートメンバーも用いずほぼ3人だけであの世界観を作るのは本当に凄い。終演後はただただ凄いという感想しか出てこず、シガーロスが多くの人を虜にしている理由も少し分かった気がする。

ただ個人的な感想としては、今回のセットリストは全体的に重めの雰囲気で構成されており、私のような初めてシガーロスを見る人にとってはもっとやってほしい曲があったんじゃないかなという内容ではあった気がする。(やっぱりHoppípollaききたかった。)それでもこのフジロックという環境でシガーロスを観られたことは素晴らしい体験であることに間違いない。

 

ヘッドライナーが終わってもまだまだ1日目が終わらないのがフジロック

 

  • 23:30〜 Planet Groove D.A.N.

 

去年Rookie A Go-Goに出たばかりだと言うが、今年はなんとレッドマーキーの深夜の部のトップバッターに大抜擢。

疲労もピークに達していたので少し楽に見ようかなんて思っていたが、彼が繰り出すビートに身体が自然に反応してしまう。

おそらく彼らが掲げているテーマはかなり壮大で今の段階ではそれを十分に表現しきれていないのかな?という感じもしたが、できる範囲でしっかりと地に足がついたパフォーマンスを見せてくれたように感じる。ライブを見ながら、おそらくサカナクションも通ってきた道を彼らも歩み始めてるのかな?などと思った。将来を期待させてくれるパフォーマンスだった。

 

f:id:shonvers_inc:20161003043033j:image

 

続いてのMura Masaを途中まで見てテントに戻ろうかとゲートの外に出るが、まだ見たいものがあったのだ。

 

  • 25:30〜 Crystal Palace Tent Con Brio

 

1日目のラストのラスト。本当は明日以降のことも考えると睡眠を取りたいのだが、明日コンブリオがヘブンで出演する時間帯には他に見たいアクトもあったので、深夜のパレスで見ることにした。

クリスタルパレスは本当に独特な世界があってまた来年以降フジロックに来たらぜひ立ち寄りたい場所だなと思った。

訪れたときにはまだDJタイムの時間帯でコンブリオどこに演奏する場所あるんだよと思うほどに小さな空間であったのたが、始まってみると客との距離がかな〜り近い、というか最前の人は手を伸ばせば届くレベル。コンブリオは「気迫を持って」という意味の通りに気迫と熱量がハンパない。こんな深夜にあんなに汗だくになると思わなかった。ライブの途中にモッシュの波に飲み込まれて、自分のカバンのチャックに綺麗なお姉さんの髪が絡まる始末。(本当にごめんなさい🙇)

11月に決まっている単独公演もぜひ行きたいが、金欠で絶対無理。でもまた観たい。あのパレスでライブを観てた人はたぶん全員ファンになったんじゃないかな。

 

f:id:shonvers_inc:20161003044925j:image

 

フジロックDay1から深夜まで楽しんでしまいましたが、今日見たアクトはジャンルは全部異なってるですけど、それぞれ大満足でこれがフジロックのレベルの高さかと思い知らされました。その中でもやっぱりベストアクトはthe internet(超僅差だけどね)

Day2に続く。