読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Own Life Is Rubbish

主にライブレビューや音楽のことについてのブログです。

[2016.2.17]Chvrches Live At 赤坂BLITZ

グラスゴー出身のエレクトロバンドChvrchesの2年振り東京1夜限りのプレミアム来日ライブを観に行って参りました!!

チケットが売れ切れるのも早かったし、当日の熱量なども見ると、ここ日本でも人気が着々と上がってるな~という印象です。

今年のフジ・サマソニも被りフェスがあったりして、見られなさそうなので今回観にいって正解だったかな!

それではライブレビューへ

整理番号が100番台だったので、もっと前に行く方も可能だったが、少し下がって真ん中の柵付近で観ることに

19時ぴったりにライブはスタート

2曲目のWe Sinkで前方の方のオーディエンスは既に縦揺れ状態で、会場全体で曲に合わせて「セッセッセー」のシンガロングと序盤から既に大盛り上がりだった!

ステージ上で常にローレンちゃんは凄い動き回る。

歌に合わせてヘドバンみたいなのをしたり、クルクルと回ってみせたり、カッコよさとキュートさが同居しているようなステージ上の振る舞いで一瞬たりともステージから目を離せない。

Empty Threatではドラムも叩いたりして、ライブならではの演出も良かった。

曲間のMCでは日本で猫カフェに行ったんだっていう話だったり、お客さんから貰ったお面を披露したりと和やかなムードであった。

f:id:shonvers_inc:20160225204648j:plain

このライブのハイライトはなんと言っても、Bury ItからUnder The Tideの流れだろう。

特にUnder The Tideはマーティンボーカル曲でマーティンダンスとも呼ばれるマーティンの激しいパフォーマンスがライブ前から話題だった。

祝!CHVRCHES公演ソールドアウト記念!!キレッキレのマーティン特集。 | Digital Convenience

曲が始まった瞬間、歓声が湧き上がり、サビが始まると、みんな待ってましたと言わんばかりにと踊り始めて会場がひとつになる。

次の日の本人が出演したラジオでも、みんなが踊りすぎてステージ上の機材が倒れそうだったと語るくらいだった!笑

その後はシングル曲連発で場内のテンションは依然と高いまま本編は終了。

アンコールは今までの曲と打って変わって、2ndアルバムの最終曲Afterglowをしっとりと歌い上げる。肩の力がすっと抜けるような感じで聞いててとても心地が良かった。

最後は彼女らの代表曲The Mother We Shareでしっかりと締める。1時半にも満たない演奏時間ではあったけれでも、今の彼女らのすべてが詰まった大満足の内容で静岡から東京まで足を運んできて良かったと思える内容でした!

f:id:shonvers_inc:20160225204940j:plain

あと赤坂BLITZは初めて来て、久しぶりのライブハウスだったのもあるけど、低い音から高い音までしっかりと聞こえたし、やっばライブを見るならライブハウスですなって感じです。

Setlist

M1.Never Ending Circles
M2.We Sink
M3.Keep You On My Side
M4.Lies
M5.Make Them Gold
M6.Empty Threat
M7.Tether
M8.Playing Dead
M9.Science/Visions
M10.Gun
M11.Bury It
M12.Under The Tide
M13.Recover
M14.Leave A Trace
M15.Clearest Blue

-encore-
M16.Afterglow
M17.The Mother We Share



次のライブはとうとうベルギーまで渡ってThe Libertinesを見ます。なんのトラブルもなく無事に見れることを願ってます。。。