読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Own Life Is Rubbish

主にライブレビューや音楽のことについてのブログです。

[2015.8.15]SUMMER SONIC 2015 Day1


サマソニ1日目!!!

ソニマニ終わって4時間後には起きて、シャワー浴びたり、朝食をとったり。

キャンプサイトの水シャワーってどうなのよ?って始まる前は思ってたけど、意外といけるものですね。すぐに慣れました。笑

朝食はすぐ近くのキャンプサイトにある美浜茶房というところでビュッフェ式のものでした。フェスは体力勝負ですからたくさん食べとかないと!!!

f:id:shonvers_inc:20160225214412j:image


メッセには10時ちょい前に入り、グッズを買ったり、まったりしたり。
Wof Alice待機時に座りながら聞いてたDATS。意外とカッコ良かった。今流行りのアレキサンドロスのUKプロジェクト所属のバンドなんですね。


  • 11:20~ SONIC STAGE Wolf Alice

Sonic YouthNirvanaの影響を感じさせるサウンドに紅一点ボーカルのエリー・ロウゼルのしなやかな歌声が響き渡るというのが特徴のひとつ。

吠えるように歌う曲もいくつかあって、綺麗なブロンドビューティーがハードな曲を歌うってだけで興味をもってしまう。笑

ライブの方は先ほどSonic YouthNirvanaのようなサウンドといったが、ジャンルに捉われない様々な角度のポテンシャルを感じさせられるものだった。

個人的な話だが、You're A Germの1!2!3!4!5!6!7!と吠えるようなパートがあるのだが、手で数字のポーズをとっていたら6以降困ってしまったという、、、笑

曲終わりのエリーのカタコトのアリガトウもとてもキュートだった。

f:id:shonvers_inc:20160225214443j:image


  • 13:40~ SONIC STAGE Circa Waves

2年連続のサマソニ出演。去年もチラ見程度に見たが、あまり記憶にない笑

ところがどっこい今年1月の来日ライブが大好評だったり、アルバム発売したりなどしてから注目度が上がってしていて、特に今年のグラストのライブ映像を見てから超かっけええ!!!ってなって、いつの間にか1日目で最も楽しみなアクトの1つとなっていた。

↓これがライブ映像

初っ端から彼らの代表曲Young Chasersからスタート!!!そしてGood For Me 、So Longで畳み掛け序盤から場内のテンションは最高潮に。

バンドの特徴として本当に底抜けに明るい!UKバンドでこんなに明るいロックバンドって珍しいと思う。見ていて応援したくなるような雰囲気がある。最後の曲T-Shirt Weatherまで途中でダレることなく、非常に締りのあるライブだった。
サマソニ来るときはマリンステージかな。

f:id:shonvers_inc:20160225214641j:image


  • 14:55~ SONIC STAGE Palma Violets

イギリスの老舗のインディー・ロックの名門レーベルラフ・トレードの申し子として2年前デビューしたPalma Violets

2年前のサマソニでも見るかどうか迷ったが、そのときは同時期デビューのPeaceの方だけを見たので、いつか機会があればみたいなと思っていての今回のライブ。

正直、直前のCirca Wavesと比べてしまうとライブとしての完成度は低かったと思う。というより本人たちがあまりライブの流れや客を引きつけることにあまり拘ってなかったような気もする笑
かなりベースのチリが自由にやって暴れまわってた!笑

日本だと中々こういうバンドはお目にかかれないので良い機会ではあったけど


ここからマリンステージに移動。移動中に通ったマウンテンのBABYMETALはかなり人が入ってた。
レディングでもメインステージに出演するぐらいだし、今回のポップなラインナップじゃなかったら間違いなくマリンステージだったと思う。
毎年フルで見たいと思うんだけど、タイムテーブルの都合上毎回チラ見、笑

f:id:shonvers_inc:20160225214715j:image


マリンについて、スタンドで既にスタートしていたMacklemore & Ryan Lewisを鑑賞。予習はあんまりしてなかったけど、すごいエンターテイメント溢れるステージで見ていて楽しかった。
今でもCan't Hold Usは歌えないけど口ずさんでしまう、笑

ここでビーチステージのtuxedoを見に行きたかったが、このままスタンドでアリアナを見たかったのとただ疲労で座っていたかったので諦めた。笑
でも後日にWOWOWの放送を見てやっぱり見に行けば良かったなと、、、


  • 17:45~ MARINE STAGE Ariana Grande

今もっとも世界でポップ・アイコンなのは?!と聞かれた間違いなく彼女アリアナ・グランデでしょう!!!

中々こんな機会も見ることもないので見てみたかった。
後日サマソニで何見たの?って聞かれて「サーカ・ウェーブス!!!!」って勢い良く答えるよりも控えめに「アリアナ・グランデ」って答えたほうが絶対に反応がいいもんね笑

ライブが始まるとスクリーンに映る女子たちの幸せそうな表情。本当に楽しみだったんだなというのが伝わってきた。

一方当の本人はアリアナ・乾杯・グランデしてたのであんまりライブのことは覚えていません!笑

とりあえず覚えてるのはアリアナ・グランデのとてつもないスター感とカリスマ性ですな

f:id:shonvers_inc:20160225214755j:image


アリアナも終盤になり、本日のヘッドライナーThe Chemical Brothersの場所確保のためにアリーナへ。



いよいよヘッドライナーの登場ですよ。
サマソニ第1弾で発表されたときはケミカルと言えばフジロックフジロックといえばケミカルぐらいにフジロックのイメージが強いアーティストなので衝撃だった。

7月に新作「Born in The echoes」がまたかっこ良くてゴー!ゴー!してたのでさらに楽しみになっていた。

ケミカルのライブは初体験だったが、ケミカルのライブはフェスの祝祭感がとても強いライブだった。
音と映像がリンクして視覚的にも楽しめるし、身体が勝手に踊らされてとても幸せな気分になる。
「非日常」を一番味わえるライブなのではないだろうか。

ライブのセットリストは今年のグラストンベリーの完全再現だったので、個人的に新作でとても好きだったfeaturing BeckのWide Openが聞けなかったのは少し残念であったが、間違いなく素晴らしいライブで間違いなくヘッドライナーであった。

f:id:shonvers_inc:20160225214835j:image



ここで1日目を終了して良かったのだが、今年から始まったHostess Club All-Nighterのラインナップが非常に素晴らしかったのでもうしばらく起きていることした。

しかし、ソニマニに参戦してサマソニ1日目も午前中から見るということになると実際かなりきつい。

それに加えて、サマソニのチケットを持っている人以外にも今回HCAN専用のチケットも販売されたので、場内は非常に客が多くてライブを見る環境として良いとは言えなかったと思う。とは言ってもトム・ヨーク、FFSを見ないわけにもいかないので。


  • 0:30~ SONIC STAGE Thom Yorke Tomorrow's Modern Boxes

言うまでもなくRadioheadのフロントマンであるトム・ヨークの登場である。

サマソニに出るのは伝説となった2003年以来12年振りである。会場では日本限定の「Tomorrow's Modern Boxes」のCD版が発売されたりととてもウェルカムモードであった。

個人的にトムを見るのは2013年のZepp Nambaで見たAtoms For Peaceのライブ以来のことである。

なんといっても人気がすごい!SONIC STAGEは人で溢れていて始めは入場規制にもなってたほどだ。

DJセットでのライブということだったが、トムの場合歌うし、ギターも弾くし、くねくね変なダンスを踊るしと、とにかく忙しい。笑

そしてAFPのときも思ったが、ソロの活動のときのほうがとても楽しそうにしているように感じる。

ライブ自体は疲れも相当きていたので、あんまり楽しめた覚えないが、また自身のコンディションがしっかりと整っているときに拝みたい。

f:id:shonvers_inc:20160225214949j:image


F.F.Sもフルで見たかったが、前述の通りなので数曲だけ見てテントに戻った。

f:id:shonvers_inc:20160225215027j:image


これにてDay1は終了!次の日も見たいのがたくさんある。なんとも濃い今年のサマソニ、、、
(つづく)