読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Own Life Is Rubbish

主にライブレビューや音楽のことについてのブログです。

[2016.10.20]Primal Scream JAPAN TOUR 2016 新木場 STUDIO COAST

ライブレビュー

プライマル・スクリームのライブを観に新木場 STUDIO COASTまで行って参りました!いや〜最高だった。外れることはまずないと思ったけど、本当に期待以上に楽しませてもらった。

この世に数ある作品の中で、僕は最も好きなアルバムの1つとして必ず「Screamadelica」を挙げるのだが、今日のライブもMovin' Upで始まり、Come Togetherで終わる「Screamadelica」の重要性・偉大さが顕著に示されたライブだったと思う。しかし、当然彼らは「Screamadelica」以外にも多くの名盤を出しているし、音楽性もガレージ・サウンドからエレクトリック・サウンドまで多岐に渡ることは有名である。(ひょいひょいとやっちちゃうイメージ。)今回のセットリストは最新作からは4曲ほどで後はプライマル・ベストヒッツ!って感じだったので、初めてプライマル・スクリームのライブに参戦した私にとっては丁度良かったとも言える。

今回のライブで意外に思えたのが、メンバー編成がボーカル、ギター、ベース、ドラム、キーボードのシンプルな5人編成で(これまでと違うような気がするな?🤔)、特別な演出なども観た限りはなかったことだ。つまり全てはボビー・ギレスピーのショーマンシップ次第だったのだが、やはりそこは今尚現役バリバリでUKロックの最前線を走り続ける男である。まず赤いジャッケットに身を包んだボビーが登場しただけで場内の雰囲気がグッと上がる。これは当たり前っちゃ当たり前のことなのだが、過去にノエル・ギャラガーのライブを観たときも同じように感じたことがあって、素晴らしいキャリアを持つ人がステージに立つと、絶対良いライブが観られるという安心感っていうのがある。(これをカリスマ性とも言うのかもしれない。)

 

f:id:shonvers_inc:20161021010043j:image

 

それに加えて可愛らしい日本語なども交えたオーディエンスに対しての煽りも上手だし、これまで何度も来日してるおかげで日本での人気もしっかりと根付いているのだなというのがひしひしと伝わってきた。

ライブのハイライトとしてはやはりSwastika Eyesから始まるLoaded→Country Girl→Rocksの流れだろう。特にその中でもLoadedが最高で、曲が始まった瞬間踊りたくなってくるし、マラカスをシャカシャカ振ってるボビーの姿を見るとさらに気持ちが高ぶってきた。プライマルのライブってこんなに楽しいものなのかと。

そして本編の最後でRocksである。先ほども言ったように音楽性が幅広いので、好きな曲というのは人によって大きく異なりそうではあるが、このRocksを嫌いな人はいないでしょう。笑 UKロックを代表するアンセムの1つである。

ほとんど聴きたい曲はやってくれたが、あとやってない曲があるとすれば、もうあれしかない。そう!私が最も好きな曲であるCome Togetherである。私が過去に何時間でもループ再生して聴き続けられると豪語した一曲です。笑 これで楽しい時間も終わっちゃうのかと悲しくなりつつも、何度も何度も『Come together as one〜♪』の部分の大合唱がコーストに響き渡った。

 

f:id:shonvers_inc:20161021013005j:image

 

ほんとにあっという間だったな〜。時間でいうと1時半くらいで少し短かったのか、それともいつもこれくらいなのかは分かりませんが、とりあえず大満足!!ボビー最高!!(シモーヌもカッコ良いベースお姉さんだった!!)

 

P.S. 言い忘れてたけど、オープニングアクトのnisennenmondaiも中々硬派なエクスペリメンタル・ロックでカッコよかったです。もうちょっと楽曲に展開をつけてくれたら分かりやすく盛り上がれるのかって気は少ししたけど、自分たちの世界観を表現するためには30分ほどの持ち時間じゃ足りないのかなという気もした。また機会があれば観てみたい。